ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
マスカットとフェンネルとインゲンの酢みそマヨ和え
f0056476_016245.jpg

f0056476_0162444.jpg今日は、グンジ家でうら若き乙女達、まいちゃんと摩耶ちゃんが料理をする日。彼女たちの食べたいものを私が指導しながら作って食べる。リクエストは「ロブスターの3種盛り」と「ローストビーフ」。最初は、ちょこちょことしたおつまみ系を教わりたいと言ってたんだけど、すでに2回目で宴会料理になってます。方向性を見失っているぞ。まっ、いいか。

活けロブスターを魚屋で買ってきて、それを流しにドバーッと放流して、動きまくるところを捕らえるところからスタート。私はビール飲みながらの指導です。「こわーい」と言いつつも喰い意地の方が勝る彼女達、てきぱきと作り上げました。手際がとってもいいです。各自、好きなようにお皿に盛って「テイルの刺身(あらい)」「爪の茹で」「頭の焼き」のできあがり。自分達の料理に大満足。「おいしい」を連発しながら食べてました。

ロースト・ビーフも今日はサーロインの部分を焼いてみたんだけど、バッチリできた。オーブンから出してまん中をスパッと2つに切ると、いい感じの赤色になってました。
このできたてのローストビーフを具に。第1回目に教えた細巻きを実に上手に巻いていたのは感心感心。飲み込み早いなあ。

●マスカットとフェンネルとインゲンの酢みそマヨ和え
彼女達が大興奮した、ロブスターにしても、ローストビーフにしても、決して難しい料理じゃないし、それなりに美味しいものはできる分野の料理。今日の決め手は、実は前菜の「マスカットとフェンネルとインゲンの酢みそ和え」にあったのですが、影が薄くなってしまいました。でも私としてはこれが料理ってものよって思うので、写真でかくしました。トップの写真がそれです。

マスカットっていってもうす緑の安いブドウでやってます。あとは、インゲンとフェンネル。インゲンは堅めに茹で、ブドウもインゲンと一緒に茹でます。すると甘味が増し、皮が柔らかくなって、剥く必要がなくなります。この「ブドウを茹でる」ってのがポイントです。トマトの湯通しのように、あくまでさっと茹でること。茹で過ぎないようにね。それを縦に半分に切り、フェンネルはスライサーでうすく切っておき、食べやすい長さに切ったインゲンと一緒に混ぜ合わせておきます。

ソースは、酢、砂糖、アメリカのマヨネーズ、白味噌を全部同じ比率で混ぜ合わせます。辛子を入れるともっと美味しくなります。これはちょっとでいいよ。ここでのポイントは「アメリカのマヨネーズ」です。味がしっかりしてないのを逆手に使うわけよ。生クリーム代わりに使ってみると、けっこう需要があります。この前もクリームコロッケに入れたの覚えてます? このアメ・マヨにレモン汁、塩を足すとキューピーっぽい味に変身します。

ブドウの甘さと酢みそってとっても合います。一度試してみてほしい一品ざんす。


f0056476_0173895.jpg

f0056476_018213.jpgさて、うちの夕飯は、ロブスターを買ったついでに、シーバスのいいのが売ってたので丸ごと1匹買って、片面刺身に、片面塩焼きにしました。それと、お昼に彼女たちが作った、マスカットとフェンネルとインゲンの酢みそマヨ和え。これは旦那「おいしい、おいしい」と喜んでました。「ローストビーフ」もちょいと出しました。
今日の「おいしかったで賞」は、まいちゃんが作って持ってきてくれた「胡瓜とセロリの甘酢漬け」です! これだけで、ワイン、ガブガブ飲めます。ワインビネガーが入っているのでしょうか。すごく香りがよかったなあ。今度、ぜひ作り方教えてください。これからの季節にはもってこいのツマミだね。ごちそーさま。
by machikogunji | 2006-04-04 00:18 | 和食 | Comments(0)
<< MY HOME  子供の日本語... ガラスのシュガーポットとプチ醤油差し >>