ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
ゲンさんレバ刺し
f0056476_11192042.jpg

うちの若い衆にゲンさんという「甲殻類系・内蔵系・生モノ系の達人」がいる。とても穏やかな性格なので草食系かと思いきや、夜な夜なゲンさんの部屋からはカチーンコチーンという音が聞こえてくるそうな。貝や牡蠣を食する音らしい。いまいち開け方が良くないようで、最終的にはトンカチでかち割って身を出してるんじゃないかと隣人が言っていたが。そんなゲンさんが「僕はよくアストリアに行って生レバーを買い、うちで特製ダレを作ってレバ刺しを食べてるんです」と小声で言った。「なぬ〜〜〜っ、えっ、レバ刺し〜〜」思わずびっくり。こいつあぁ、勇気のある奴だ。私もこの街は長く、肉屋の肉が新鮮なのもよくわかっているが、未だレバ刺しにして食べたことはなかった。「ぜーんぜんOKですよ。めちゃくちゃ美味しいです。あたった事なんてないですよ、ガツガツ食べても。ぜひ試してみてくださいよ」と。肉屋で一番貫禄ありそうな親父さんに、「生で食べられるレバーがあるか」と勝負聞きするらしい。すると肉屋「オマエさん、レバーの一番美味しい喰い方を知ってるな。よし、出してやろう、ホレ。めちゃくちゃ新鮮で文句なしのレバーだよ」と超新鮮なのを出してくれるらしい。よーし、じゃぁ、私もがんばってみようと、今日肉屋に行って若主人に同じ事を言ったら、ちゃーんと素晴らしく新鮮なのを出してくれた。でも、今日はゲンさんをちょっとだけ信じて全面的には信じず、「じゃっ、今日のところ味見してみたいので丸ごとはいらないのよね。2スライスだけ分けてもらおうかしらん。」と控えめ消極的な買い方をした。鮮度が勝負のものだから急いで家に帰って、一応きれいにスライスして、一応冷蔵庫で半冷凍して食べてみた。一応サイドにお飲物としてアルコール度の強い焼酎も用意して、食べながら飲もうと。で、ごま油と塩のタレにレバーを付けて、一口いった。ギャ〜〜〜〜ッ、うんま〜〜い。こりゃぜんぜん新鮮だわ。コリッとするもの。そしてトロリと口の中で溶けていく。なんじゃコレ。旨過ぎ。おやぁ、ゲンさん、旨いよレバ刺し。驚きました。脱帽です。今度はゲンさんを招いて、ここはひとつ「甲殻類系・内蔵系・生モノ系の宴」をしようかしらん。今度食べる時は、もう少し薄く切って、タレももう少し凝ってみたいよな。ゲンさん、灯台もと暗しだったごちそうを教えてくれてありがとう。今度は新鮮な羊の脳みそいってみますか。マンハッタンのギリシャ人のシェフがタラの白子を越える味わいだと言ってましたよ。私はタラの白子釣りにがんばります。
by machikogunji | 2010-10-20 11:43 | アジア
<< シアトルの松茸にイタリアの栗と。 感動! 出汁のでるチレ >>