ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
鱈料理・ブランダード
f0056476_2531025.jpg

友達が常連のローワーイーストサイドにあるフレンチ・タパスバーに、連載している釣りコラムの取材を兼ねて1杯呑みに行ってきた。料理の話や鱈の話を聞いた、ここのマネージャー・ジョゼは、ポルトガルとスペインのハーフで、鱈料理の達人だ。あと2人のパートナーは、アルジェリアとフランス出身ということで、なかなかタパス類が洒落ている。今回私が興味を持っていたのは、ブランダード(brandade)というフランスのプロヴァンス地方の伝統的な鱈料理だ。一晩かけて干し鱈(ヨーロッパの人は生の鱈よりも干し鱈や塩鱈が一般的)を水を取り替えながら戻し、マッシュしたポテトをミルクで柔らかくしたものとを混ぜ合わせて、オーブンでじっくりと焼いたもの。鱈のグラタンって感じだ。一度干したものを戻して使うので、鱈の旨味が凝縮されていて、食感も独特のものがある。シンプルだけど、ワインに恐るべき相性の良さだ。今度作ってみようと思う。その他、抜群の美味しさだったのは、「うなぎの稚魚のサラダ」。ババッと塩と胡椒とオリーブオイルがかかってるだけで、下にサラダが敷いてあるこれまたシンプルな一品。旨過ぎだぜ。ついつい調子に乗ってしまい気が着いたらとんでもない時間になっていた。友達に思いっきり鱈の話しをして、私はものすごく楽しかったのだが、すいませんね、遅くまで1人でしゃべりまくってしまって。このお店のことは年末に発行される[NY生活情報・新年号」で紹介しますのでお楽しみに。あぁ、それと、この店、7時までに行くと、生牡蠣1個1ドルで食べられる「オイスター・ハッピーアワー」もやっている。今の嵐のような忙しさが終わったらゆっくりまた行こうと思う。
f0056476_3181082.jpg

f0056476_3183143.jpg

ほろ酔い気分で地下鉄に乗ったデランシーの駅、いいですねぇ、タイルの大胆なお魚。
by machikogunji | 2009-12-17 03:19 | 外ごはん | Comments(0)
<< ボッタルガとハラペーニョのパスタ Button buckの足がや... >>