ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
鯖の玉葱わかめサラダ
f0056476_21492987.jpg

今年は9月頃からいい鯖が出ている。今日の鯖もこの色からも分かるように、捕ってそんなに時間が経ってない新鮮な身の色だ。脂もしっかり回っている。こちらの鯖は流通の状態が日本みたいに「刺身で食べよう」と丁寧に扱うことは皆無で、上からボンボン重ねてって、ダンボールの箱にぎっしり氷張って運ばれてくるので、身割れが激しいのだが、それでも、手で触ってみて張りのあるしっかりしたのを選ぶとなんとか〆鯖にはできる。コツは下ろす時に包丁を一発で入れることだ。何度もごちゃごちゃやってると身割れがますますひどくなる。今日のはとても新鮮であったので、塩を20分ぐらいして、その後お酢で10分ぐらい漬けて、あとはレモン汁をたっぷりかけて〆てみた。スライス玉葱とわかめを下にたっぷり敷いて、鯖を並べ、ポン酢に胡麻に再度レモン汁。あぁ、うまっ。
f0056476_21494663.jpg

マサチューセッツの北部に馬岡さんという釣り名人がいらっしゃるのだが、その人に今年の春のイカ釣り船で偶然お会いできて以来、また鱈でもご一緒いしたいと思っていたら、昨日メイルをいただいた。いやぁ、そうしてるんだろ名人、と思っていたところにメイルが届いたわけで「釣りテレパシー」を感じましたねぇ。お便りの内容は、これまたぴったりの「鯖釣り情報」だったんです。あちらでは、この時期に岸から鯖が釣れるんですって。いいなぁ。ニューヨークは正月前後にブルックリンから真冬の海に出て釣るしか方法がないのよね。寒い、実に寒いんです。馬岡名人、日曜日にこの岸からの鯖釣りに出かけて3時間で14匹の釣果だったそうだ。そのうち9匹は40センチの大型とのこと。岸からこのサイズが釣れたら楽しいだろうなぁ。行きたいなぁ、私も。と思いながら鯖のサラダを食べたわけです。
by machikogunji | 2009-10-16 22:10 | 和食 | Comments(1)
Commented by おかま様 at 2009-10-17 02:55 x
ワカメに玉ねぎ。
なんか淡路島やら瀬戸内海の家庭で出て来そうな料理やね。
家庭料理に程遠いこの頃。。なんか実家が恋しくなったわ。
おいしいそう。
<< スクロッドと野菜の甘酢あんかけ 朝・新米と漬けもんと根深汁 >>