ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
こりゃ鮮やか。緑とまっ赤なオリーブ
f0056476_1332783.jpg

今日マーケットに行ったら、オリーブコーナーがリニュアルされていた。私はお腹が空いていたりしたら、試食コーナーもないのに勝手にここのオリーブをつまんでいたんだが、ガラスの戸が付いてしまっちゃってたわ。まぁ、これで勝手に試食もできにくくなっちゃったんだが、種類が増えて、名札まで付けてくれるようになったのはありがたい。ただでさえ種類豊富なアストリアのオリーブ事情、興味を持てば持つほど名前がわかんないというのが多い中、今日はしっかり勉強になった。それにしてもこの緑と赤のオリーブ、色がダントツに鮮やかだったわ。








緑鮮やかなのは、イタリアはシチリア島のカステルヴェトラーノってところのオリーブなんだそうで、けっこう軽めの塩水に漬けたもの。しょっぱいかオイリーなものが多い中、これは漬物感覚で和食にも合いそうだ。うちの田舎の傍の小豆島の「オリーブの新漬け」に近い旨さだ。このオリーブの新漬けってのは、ものすごく人気のあるもので期間限定品で今年も10月下旬から売り出されるので、四国に行った方はぜひお土産にどうぞ。

そして、もう一つの真っ赤なオリーブ。こんなん今までに見たことなかったぞ。まるでトマトの赤色。南イタリアプーリア州のチェリニョーラ(cerignola)のオリーブのようだ。こんな赤いオリーブがあっていいんだろうか。着色してるわけではないようだが、しかし赤い。そして大粒。これは面白い。では1個。味はちょっと。酢の物なんかには合いそうだ。これは大変いいものを見つけた。

しかし、その隣に物議をかもし出しそうなオリーブが一つ。名札を見ると「レモンオリーブ」。どうみても小さなレモンなんですけど。こういう曖昧な表示があるのが「我が町のディーン&デルーカ」こと「トレードフェア」様のお茶目なところで、私はこのスーパーをこよなく愛して止まない。
by machikogunji | 2009-10-02 14:02 | 旬・季節もの | Comments(0)
<< 10月は「モチモチっと、トロ~... 興味のあった菓子パン >>