ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
2人で10ドルが目安のうちの夕飯
f0056476_12433916.jpg

ブログを始めて2ヶ月が経ちましたが、皆さんから毎日アクセスしていただいて、毎日のごはん作りに張り合いってもんが出てきました。みんなのおかげです。ありがとう。日々の食事においしいものを作るのは、お金を出せばニューヨークだからいいモノ買えるんだけど、そうもいかないのが庶民の生活です。うちは平均、10ドルぐらいで毎日まかなってます。なるべく無駄が出ないように「食べきり」の量しか作らない分、品数を多くする工夫をしてます。ブログでアップデートするのは、そのうちの1つ、2つに絞ってます。現在は主婦業1本でやってるので、金はないけど動けます。北に1ドル安いモノがあれば、てくてく歩いて探しに行きます。南においしそうなモノあれば、地下鉄に乗って試しに行きます。安くて、うちらの生活に相応のモノはだいたいチャイナタウンと近所のアストリアで揃います。でも、たまにはマンハッタンの高級グルメストアにも見学に行って、ちょろっと買いますけど。昔はニューヨークタイムズの水曜版の「ダイニング・セクション」は仕事柄、必ず読んでました。季節の食べ物や、注目のレストラン批評、どこのシェフがあそこに移ったとかいう記事が満載なので、グルメの人たちには絶対おすすめですが、外食がめっきり少なくなったのと、チャイナタウンのあのガチャガチャした中から何かを見つけだすことに最近ハマっていて、前ほど真剣には見なくなったなあ。その代わり、スーパーのちらしは、コーヒー飲みながら必ず目を通してます。これをパワーダウンという人もいるけど、現実的には今の方が「食」に対してはどん欲になってると思います。ってのが、最近の郡司家の「まかない係」の実状ですかね。

今日は、旦那の仕事の1年がかりの大プロジェクトが終わったそうで、いつもより機嫌よく、しかも早く(遅く帰ってくるのも困るが、いきなり早いってのはもっと困る)帰ってきた。おみやげに「刺身用におろしたヒラメ」と「槍イカ丸ごと2つ」買ってきたので、用意してたモノは明日に回し、夕飯は刺身がメインとなった。
f0056476_12435578.jpg


●イカで5品
小振りで2つで5ドルとちょっと高いが、刺身で食べられる鮮度のいいのだったので、まずは、焼酎呑み始めた旦那のつまみに、ゲソをさっと塩の入った熱湯に通してワサビ醤油で和えたのを作る。次に、イカを開いて掃除をして、内臓もあとで食べるため取り分けて、大きめに切ったのを2/3、細ーく切ったのを1/3作り、大きいのは普通の刺身用、細い方はしょうがをすって、出汁醤油でイカそうめんにする。刺身のツマがなかったので、チャイナタウン産の絹さやをさっと茹で千切りにして代用。あれっ、へんなきゅうりや大根よりシャキシャキして色も派手でおいしいわ。盛り付けて出す前に、冷凍庫に5分くらい入れといて、冷たいところを御膳に出す。これ、やるのとやらないのでづずいぶん味が変わりますよ。お試しあれ。さっきの内臓は、目を取り、墨袋をはずしてちょっとの油でさっと炒め、醤油とみりん、七味を入れて「イカわたのぴり辛焼き」に。コリアンタウンで、私のお昼のお茶漬け用に買っておいた「めんたいこ」を横に乗せる。これは刺身に飽きたら好きな分だけ自分でめんたいこを混ぜて「イカめんたい」が作れるようにするためです。以上、所要時間は10分。

●即席ヒラメの昆布風味
ヒラメは小さな刺身用フィレ1枚4ドル。2人分には充分な量だ。突然のヒラメの登場で、まったく手をかける時間がないので、昆布締めは無理。そこで役に立つのが「おぼろ昆布」。うすく切ったひらめの上にかけて、食べる時好きに昆布を巻いて食べる。この「おぼろ昆布」、昆布で出汁をとる暇のない時に即席で使うと非常に便利。だし醤油とはまたひと味違ったちゃんとした風味になるよん。所要時間は、刺身に切って、冷凍庫でちょっと冷しておぼろ昆布かけるだけだから5分ちょい。

あとは、粕漬けにしていたタイルフィッシュがあと2切れだけ残ってたので、それを焼く。もう1つは、残りものの白菜を先切りにしてさっと茹でて水気をぎゅっと絞り、漬かり過ぎたきゅうりと大根の漬け物も千切りにし、白菜と混ぜ合わせ、ゴマとレモン果汁、醤油で和えた和風白菜サラダ。食事の最後は、いつものざる蕎麦で締め。

10ドルの刺身と残りものオンパレードで、計8品揃った本日の「小料理屋風グンジ家の食卓」・で・し・た。
by machikogunji | 2006-03-11 12:48 | 和食 | Comments(0)
<< ひろこちゃんから手作り「マドレ... フィリップ・シーモアに捧ぐ「カ... >>