ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
南印度軽食堂でインドお好み焼き
f0056476_626638.jpg

このところどうもインドに縁があるようだ。レトルトカレーに目覚めたお次は、ニューヨークではちょっと珍しい南インドの軽食を。なんでもNYのインドレストランは北インド料理に偏る傾向があるとか。レアなエスニックフードの専門家というべき人物が「ここを食べずして南インドは語れない」っつーお店に行ってきた。










f0056476_6373861.jpg

店のお隣は、ヒンドゥー寺院。今、建物の改装中で囲いがしているのだが、上の方だけちらっと見えるその建物に度肝を抜かれた。まさにインドの寺院が雲のじゅうたんに乗ってここまで来たって感じです。こんなところにこんな建物があったとは……、かなりびっくりしたなぁ。表に完成図が貼られていたんで撮影。で、この一角だけディープなインドなんです。ジャクソンハイツとは明らかにムードの違う、観光客はあり得ない一角だった。日曜日のお昼ってこともあって、歩く人はみなインド人。女性はどの人も素敵なサリーを身にまとって寺院から出てくる。家族連れもたくさん、子供もたくさん。その帰りに隣のこの店で、ちょっと軽食を食べに寄るって感じの店だ。「レアな南インドの軽食堂にランチを食べに行くぜ」と言ったら、間髪を入れずにガブリと食いついてきた2友達と共に来店したのでした。
f0056476_6594491.jpg

南と北じゃ食べるもんもずいぶん違う。この店では南インドのブレッドの種類によってメニューが分かれている。ナンとかチャパティーとかロティってのは北インド系で小麦粉で作ったブレッド、ここにはない。あるのは南インド特有のレンズ豆と米粉で作ったスナック系のブレッド類。
これは前菜のイドリ(iddly)とワダ(vada)。イドリってのは、米粉とレンズ豆粉を発酵させ蒸した丸い白いもっちりした蒸しパンだ。ワダってのはイドリと同じ生地をドーナッツ型に揚げたもの。このもちもち感、ミスタードーナツの「ポンデリング」によーく似ている。いやポンデリングがたぶんこのワダを真似たのだろう。ワダの方が何百年も歴史が古いもんね。これらに野菜カレースープのような「サンバル(sambar)」か、とっても辛いココナッツのチャツネをちびちび付けて食べる。このサンバルとココナッツチャツネは他に頼んだほぼ全てのものに付いてきて、食べるのが追いつかずテーブルの上が小さなカップでいっぱいになってしまったわ。このサンバル&ココナッツチャツネ、お約束のサイドディッシュなのね。
f0056476_9184454.jpg

お次はドーサ(dosa)。これは大きな大きなインドのぱりぱりクレープ。これも米粉とレンズ豆粉でできている。さっきのイドリは蒸しパンだが、こちらは薄く焼いている。バター味でくるくるっと巻いたドーサの中にカレー味のジャガイモのサブジが入ったバター・マサラドーサ。
f0056476_933780.jpg

これは、四角く折ったドーサの中にかなりスパイシーなジャガイモ、たまねぎ、トマト、グリーンペッパーの入ったマイソール・マサラドーサ。
f0056476_944083.jpg

マイソール(mysore)ってのは地名で1339年から1947年に存在した王国ウタパムの首都だった所なんだそうだ。ヨガが有名らしい。この店にはマイソールという名前が品名の上についたものが多い。ここ出身の人なのかしらん。そしてこの名の付いたものは全て辛いぞ。
そして、お次は一番のお楽しみだった、南インドのお好み焼き「ウタパム(Uthappam)」の登場……。


f0056476_15463681.jpg

はい、これがウタパムです。まさにお好み焼きサイズ。韓国のパジャンの方にもっと近いって感じかな。6,7種類あったんですが、例のごとくマイソールって名前が頭についたスパイシーなのをオーダーしたら、これが出てきた。実にシンプルです。トッピングに玉葱と青とんがらしのぶつ切り。味はいたってさっぱり系。お好み焼きソースをかけずに塩味だけでさらりと食べるのが南インド流ってところでしょうか。
最近ヴィーガンのお洒落なレストランがマンハッタンにできたり、気難しそうなベジタリアンの店があったりしますが、私は菜食路線で食べるなら、こういう安い食堂でさらりとこういうものをオーダーして食べるのが一番好きだなぁ。ここで食べていたインドの人達は、誰もダイエットのためでもなく、ファッションのためでもなく、普段の食事としてこういうもんを食べているわけです。みんなぽちゃっとして健康的な感じがしたね。  





   
by machikogunji | 2009-06-15 07:16 | 外ごはん | Comments(1)
Commented at 2009-06-15 19:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 渡り蟹のパスタと鯛のカルパッチョ。 えのきの昆布締め >>