ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
おとなしく精進料理
f0056476_11195249.jpg

カブの葉とニンジンの煎り豆腐
旦那の風邪、一晩で治らず。熱も引かず。さすがに食欲がなさそう。本人は食べたいという意志はあるが、どうにも体がついていかない。なので、本日は「お粥」と、「肉無し料理3品」のつつましやかな食事でありました。

昨日、「ターニップ・リーフ(カブの葉)」をヌカ漬けにしようと買っておいたのを変更、さっと茹でて水気を絞り、細かく切って油で炒め、木綿豆腐をちぎって混ぜ、ダシと醤油と味醂で汁気がなくなるまで炊いたもの。これ、うちの田舎では「けんちゃん」と言います。たぶん「けんちん汁」とかの「けんちん」が訛ったものだと思うんだけど、私が風邪をひいたら消化にいいからと母が作ってくれた「病人食」です。母は必ず「マンバ」という地元の菜っ葉を使って作ってくれたんだけど、アメリカでは「スイス・チャード(chard)」とか「ケール(cale)」がこの「マンバ」によく似てるので、菜っ葉を炒め煮にする時はよく使います。ゴツゴツした深緑の葉っぱで法蓮草の親玉みたいなの、八百屋にもスーパーにも必ず置いてあります。冬場が旬なのかな。今日は、それよりも、ちょっと柔らかそうだった(でも、日本のに比べると比較にならない)カブの葉で。これ、とっても新鮮だったようで、すごくいい香りがしてました。

f0056476_11201950.jpg

ズッキーニの炊いたん
アメリカのナスは皮が厚くてえぐ味があり、中身は種が多くて煮るとすぐドロドロになるよね。そう、ナスの煮物には向いてない。ジャパニーズ・ナスといって売ってるのは、まだいけますが、それでも中の種が多く、日本のナスには遠いです。私は普段「ナスの煮物」が食べたくなったら、ズッキーニを買ってきて代用してます。ナスを炊くのと同じやり方で作ります。ちょっと水っぽいですが、っま、これならOKって感じかな。中まで味を染み込ませるには、一度炊いて火を止め、ちょっと置いてさまします。そしてもう一度炊く、こうすると味がしっかり染み込みます。煮物、炊きものは、このやり方でやるといいですよ。

f0056476_11204270.jpg

ごぼうのキンピラ
キンピラです。私は細くてシャキッとしたのが好きです。このシャッキリ感を出すための方法として、あらかじめ材料を水でさらしておきます。油で炒める時、ぐっと油の温度を上げといて、一気にザーッと入れてます。この音にいつもネコが飛び上がります。うちの場合は、さっと炒めてシャッキリ感を出すのではなく、けっこう炒めてシャッキリを出してます。っていうのは、いったんゴボウは油を吸い込むと自分の水気を外に出します。なんでも炒めて少ししたらフライパンにジュワーッと水が出てくるでしょう。その水分が蒸発するまで炒めるんです。そしたらゴボウは今度、吸い取った余計な油分を外に出し始めます。ここまで炒めるとキンピラがカラッとできあがります。この応用が餃子の焼き方なんですってば。今度、餃子焼く時、詳しく話しますね。さて、カラッとできたキンピラは、温かい時よりも冷めた方がシャッキリします。不思議キンピラ。
by machikogunji | 2006-03-03 12:42 | 和食 | Comments(1)
Commented by m_e_f_m_814 at 2006-03-05 02:10 x
ほんとどんなジャンルの料理も出来るのですね〜「けんちゃん」ってとてもかわいいですね!今バイト仲間が徳島の人で四国話けっこうしています。ところで旦那様大丈夫でしょうか?お大事にしてください★
<< タイルフィシュのばら寿司 缶入りパスタ「DE CELLO」 >>