ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
消えそうなミートマーケット
f0056476_5253165.jpg

午前中にマンハッタンの西14丁目にあるミートマーケットエリアに行った。
料理の食材を求めになんだが、ここは個人にはなかなか売ってくれないので、店の人と交渉で買う。
度胸と強きな姿勢が必要だ。女なんだからなおさら難しい。なめられる訳だ。
こういうのは釣りに行っても同じ事。場数を踏んでいるうちに、ちょっとコツは掴んできたので、ここで使ってみた。
「おぬし、なかなかやるな」ってのを態度と会話で見せつけなければ、門前払いとなる。
なかなかのスリルを味わえる「ショピング」だ。
こんなマッチョなに肉屋群が、消滅しつつある。









f0056476_14113039.jpg

この一角は「若いファッショナブルな街」に急速に変わっている。
牛が丸ごと何十匹も吊るされていた肉屋の冷蔵庫だったところが、夢のごとく若い人達の憧れのブティックになっている。
ゲイの売春婦がたむろしていた場所が、すってきなレストランになっている。

その一方、あの名店「フローレンス」も消えた。ありゃ、NYの文化遺産的食堂だったのに。
そして、今日行ってびっくりしたのが、肉屋の多くが立ち退きで消えてしまっていたことだ。残っているのは、ウエストハイウェーから入って1ブロックだけに。

これは私にとってはかなりのショックであった。

どうしても必要な時にフォアグラを買いに行っていた「Lamb」っていう肉屋もすでになくなっていた。
その辺で休憩していたトラックの運転手に「この店どこ行ったか知ってる?」と聞いてみた。
「みんなブロンクスに行ったさ」。

そっかぁ、フルトンの魚屋がブロンクスに行ったように、ミートマーケットの肉屋も、はんば強制的にブロンクスのハンツポイントに行っちゃったのね。

しょうがないので、ここでまだがんばって営業を続けている1軒の肉屋に行った。
「ねーちゃん、何しに来た?」光線を浴びる。しょうがない、そういう所だから。
「Lambの店で買ってたんだけど、無くなっちゃってたんで、ここに来た。品物はあるか。」と聞く。
「ねえちゃん、あの店で買ってたのか。ふーん。じゃっ、ちょっと待ってな」。と奥の店員に品物を持ってくるように指示している。
「おじさん、私の欲しいのはグレードAだから。Bとちゃうでぇ。」
おじさん、睨む。えっ、睨まれましても。
「こちらのお嬢さんは、グレードAが欲しいそうだ。」と言って鼻で笑っている。げっ、嫌味たっぷりだよな。
「なんやねん、このボケッ」と言いたい気分だったが、冷凍庫に吊るされると困るので、ただ「YES」とだけ。

こんな会話も、この光景も、これで最後になるのかなぁ。
非常に残念だ。

果たしてこの一角のお洒落なお店やレストランが、あの肉屋群のように何十年にも渡る歴史を作れる、NYの食文化を支えられるとは思わないが、これも世の中の流れってもんなんでしょかね。
by machikogunji | 2009-02-20 14:09 | 旬・季節もの | Comments(2)
Commented by Moko at 2009-02-21 13:08 x
すごく呑みたい。これをツマミに。
Commented by AYAKO at 2009-02-23 16:27 x
本当にこの1年でお肉屋さんも軒並み潰れ、チェルシーマーケット
に入っていたお肉屋さんガンズブールミートマーkットも撤退、
その上、古き良き、ってそんなに古いNYを知らないから、
閉店するときに何年間お世話になりましたというポスターを
見る限りだけど、フローレンスを始め、閉店。
一番直近だと、ガンズブールホテルの斜め向かいの渋いにある
ビリヤードのバー(プールバーというべき?)も先月で閉店。
寂しくなります。
<< 穴子の白焼き 反則技・雨の日の夜中焼肉 >>