ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
パパラッチ@ Piatto d'oro
f0056476_16525114.jpg

イーストハーレム109丁目にある小さなレストランに行ってきた。
NYでは、すっかり数少なくなったコッテコテのイタリアンだ。
旨かった。
その中でも、テニスラケット級の子牛のカツレツは特に旨かった。ワインを飲みながら、お任せで出されるものを全て平らげ、最後にグラッパまで飲むなんていうのは久しぶりだった。
「うちの味にもし文句があったら言ってくれ。値段を倍にチャージするから」と、愛犬のグッチと共に挨拶に来た店主のジルベルト。
この爺さんこそ、60年代にローマで活躍したパパロッチの1人なのである。
f0056476_16522351.jpg

古いイタリアンレストランにありがちな「有名人と御一緒写真」が店の壁に所狭しと飾られているんだが、店の奥に行けば行く程、「ちょっと何これ」という写真になっていく。
親父さんが現役パパラッチ時代に使用していたカメラ一式だったり、何かのスクープを追うため垣根によじ登り、半分落ちそうになって写真を撮っている光景だとか、警察に取り押さえられながらも必死で抵抗し写真を撮ろうとしている若き日の親父さんなんかが飾られている。ビートルズもいれば、エリザベス・テイラーなんかもいる。ドロドロ時代のクラプトンもいらっしゃる。往年のスター達が並ぶ。これは全てこの親父さんがローマで撮ったものなんだそうだ。
f0056476_1573116.jpg

「昔、私がこんな写真を撮ってた頃にはパパラッチって言葉はなかったんだよ。フェリーニが甘い生活っていう映画の中で作ったんだよ」と教えてくれた。
パパラッチ。今ではちょいと「情熱的」が「過激」に代わって悪評高いが、親父さんの頃は、もっと違うもんだったんじゃないかなと思った。どうしてかって。だって、スター達みんな、レンズを通して笑っていたもの。
by machikogunji | 2009-02-14 16:49 | | Comments(1)
Commented by めめめ at 2009-02-15 01:41 x
昨日はありがとうございました!
楽しかったです^^あとワンタンパスタすごい美味しかったです~♪
珍しいところに連れて行ってくれてありがとうございました!
<< 漆のお椀御殿 女若大将 キャプテン・アマンダ >>